セラミック治療 | 池上の歯医者 - 大田区池上【よこぼり歯科クリニック】

セラミック治療

セラミック治療

大田区池上のよこぼり歯科クリニックでは、セラミック治療・ホワイトニングなどの審美性に着目した治療にも力を入れています。自然な白い歯で、毎日笑顔で過ごして頂きたいと願っています。

白い歯にする治療とは?

当院では、最新の治療方法や素材を用いて、銀歯ではなく自然な白い歯を再現したり、歯並びを整えたりします。笑顔を変身させるための一般的な歯科技術の一つに、ホワイトニングがあります。ホワイトニングは、歯の色を調整するためには有効です。

セラミック・ジルコニアなどは、ホワイトニングとは異なり、歯の色だけでなく欠けた歯や亀裂のある歯、曲がった歯などの補正ができます。今では保険診療から自費診療のセラミック治療まで、さまざまな治療法がございます。ご案内できる治療は、歯の状態により異なります。

オールセラミックはこんなお悩みを解決します↓オールセラミックのメリット・デメリット↓セラミック治療の種類↓保険診療と自費診療の違い↓

セラミック治療

虫歯や外傷などが原因で歯の表面が損傷した場合、歯の補修のため歯の詰め物や被せ物を行います。詰め物をインレー、被せ物をクラウンと言います。

インレー・クランの素材には、昔からメタルクラウン(通常の保険診療のもの)の他に、ゴールド、金属にセラミックを焼き付けたメタルボンドセラミックなどがありました。

最近は材質の進化により、金属の全くいらない天然歯と同等の輝きを持つオールセラミックの治療が可能となっております。従来は不可能であったブリッジについても、セラミックのみでの治療が可能です。

セラミックの詰め物
セラミックの詰め物
セラミックの被せ物
セラミックの被せ物

保険適用の白い被せ物

当院では保険適用の白い被せ物も取扱っております。保険の改定により、一部の歯が保険診療で、白い被せ物にできるようになりました。

CAD/CAM装置使用のに限り、ハイブリッドセラミックレジン冠での治療で、対象となる歯は以下の通りです。

保険適用になる白い被せ物

●上、下の4番・5番の歯
小臼歯という部位です。

●下の歯の6番の歯
7番の歯が上下4本とも残っている場合、保険適用で白い被せ物が選べます。

●金属アレルギーの方
・上の歯6番
・下の歯6番
・上、下の歯の7番の歯
※金属アレルギーを証明する診断書が必要となります。

ハイブリットレジンは、レジン(プラスチック)とセラミックスを合わせた材料となります。銀歯ではなく白い歯に仕上がり、金属アレルギーの心配もなくご利用いただけます。

オールセラミックはこんなお悩みを解決します

  • 銀歯は嫌だ。白い歯にしたい。
  • 前歯の隙間が気になる。
  • 歯の形を整えたい。
  • 歯の変色が気になる。
  • 口元を気にせず、いつも自然な笑顔で過ごしたい。
  • 金属アレルギーがある。

白く透明感のあるオールセラミックの歯で、あなたの笑顔を明るく輝かせます。
また歯を白くする以外にも、様々なメリットがあるのです。

オールセラミックのメリット・デメリット

オールセラミックのメリット

  • 自然な白い歯でいられる。
  • プラークが付きにくい。歯が汚れにくい。
  • 虫歯や口臭予防の効果も高いです。
  • メタルフリーのため、体に優しく安心な素材です。
  • 持続性がよく長持ちします。保証制度もございます。

●オールセラミックは、あなたの歯に合わせて作るオーダーメイドです!
オールセラミック治療で、専門の技工士があなたに合わせた色や形で詰め物・被せ物を作成します。美しさはもちろん、歯の形状を変えることも可能です。
天然の歯に近い透明感のある仕上がりとなります。

オールセラミックのデメリット

  • 自費診療となる。

※保険診療で用いられる金属(パラジウム)は、長期間使用すると唾液中に金属がイオン化して溶け出します。これが原因でアレルギー症状を起こすことがあります。
セラミック治療は、保険診療に比べると一時的な費用の負担はありますが、長期的には心身ともにメリットが大きいです。

セラミック治療の種類

セラミックを使用した詰め物・被せ物には、いくつかの種類があります。
歯の補修箇所や状態により仕上がり・使用素材などが異なり、料金も違ってきます。

 
概要
見た目
強さ
料金
e-MAX
二ケイ酸リチウムの
ガラスセラミックス製
★★☆
★☆☆
70,000円
 
概要
見た目
強さ
料金
ジルコニア
ジルコニア
(人工ダイヤ)
★☆☆
★★★
80,000円 
 
概要
見た目
強さ
料金
メタルボンド
土台が金属、
表面はセラミックス
★★☆
★★★
 90,000円~110,000円
 
概要
見た目
強さ
料金
オール
セラミック
セラミックス(陶器)
★★★
★★☆
 90,000円~110,000円
 
概要
見た目
強さ
料金
ジルコニア
セラミック
土台がジルコニア、
表面はセラミックス
★★★
★★★
130,000円

※表示価格は税別となります

●ジルコニア・セラミック
ジルコニア・セラミックとは、人工ダイヤで有名なジルコニアがベースになっている最新のオールセラミックといえます。
ジルコニア・セラミックは、金属と同じくらいの非常に高い強度をもっており、長持ちします。整形外科などの分野では、人工関節に使われる程、生体親和性に優れています。
光の透過性にも優れており、天然の歯の色により近い透明感のある美しさを実現します!

当院では、お一人ひとりの希望(予算・審美性)や歯の状態に合わせた治療法をご提案させて頂きます。 お気軽にご相談下さい。

保険診療と自費診療の違い

自費診療は「料金が高い」というイメージだけをお持ちの方も多いようですので、保険と自費診療の違いについて、少し詳しくご説明したいと思います。

保険診療は、健康保険等の公的な医療保険制度が適用される診療です。つまり保険診療は、医療費の面では患者さん負担は軽くなりますが、取り扱える診療は限られています。歯科治療おいては、治療で利用できる材料や治療方法など、限られた中から患者さんに提供することになります。つまり、患者さんのご希望と症状にピッタリあう治療が、保険診療に無い可能性もあるということです。

●料金の差について
料金の差は、素材が大きく影響します。たとえば、現在、白い詰め物として利用できるのは、保険診療ではレジン、自費診療ではセラミックスがあります。

  • レジンは、水分を吸収する性質があるため、時間が経つと変色や劣化を感じるようになります。汚れが付きやすいです。
  • セラミックスは、陶器のため、汚れが付きにくく、変色もしません。色も天然歯に近く、他の歯と自然に調和します。

虫歯になって削った部分を詰める・被せるいう治療においては、どんな素材を用いても、しっかりと丁寧に対応させていただきますが、素材の特性からも分かるように、レジンに比べてセラミックスの方が高価となります。

自費診療は、患者さんにとって一時的なご負担額がかかりますが、ご自身の治療に費用をかけた分、歯を大事にしたいという意識が芽生え、メンテナンスを丁寧に行う方も多いです。そうすることで、歯が更に長持ちしたり、他の歯を治療するリスクが減ったりと、将来的に得られるメリットはたくさんあると思っております。

ページの先頭に戻る
PAGE TOP